沖縄リゾートウェディングガイド

沖縄での結婚式について、実際に挙式をした経験と見学に行ったレポートをご案内します!

沖縄での結婚式準備

沖縄で結婚式を挙げるまでのステップ。何から準備を始める?当日を迎えるまでと挙式後の段取り

更新日:

沖縄で結婚式をしたい!

旦那様と、「式は沖縄でやろう(*^^*)」と決めるところまでは、二人で話が盛り上がって、早いと思います。

では実際に、まず何から始めるべきなのか、挙式までの段取りを把握しておきましょう!

Quangpraha / Pixabay

まずは両親へ報告と相談!

12~6ヶ月前

まずは、お互いのご両親へ、結婚のご挨拶と報告ですね。

うちの夫もめちゃくちゃ緊張していましたが、実家に挨拶に来てくれました(*^^*)
最初の難関ですが、避けて通れない道なので頑張りましょう!

その時に、沖縄で結婚式をしたいこともご相談しておきましょう。

親御さんによっては、地元で挙式をして欲しいとか、親戚が多い方は大人数のゲストを想定していたなど、結婚する当人が思う以外にもご両親のお考えがあるものです。

その場合は、挙式だけ沖縄で、1.5次会や披露宴を地元で行うという方法もありますので、きちんと話し合っておきましょう。

沖縄では、新婚旅行を兼ねて二人だけの挙式やフォトウェディングもあります。

ゲストの人数と予算を決める

12~6ヶ月前
ゲストを招待する場合は、人数によって予算が異なってきます。

沖縄での結婚式の場合は、「挙式とパーティーの料金+旅費」が総予算となります。

お二人の旅費は勿論、基本的には新郎新婦が招待するのですから、ゲストの旅費も負担することを前提に考えます。

ただし、ご両親など「自分で出すよ」と言ってくれる方もいますので、ご関係性にもよりますが、その場合は甘えてしまいましょう(*´ェ`*)

ご友人を招待する場合で、旅費を自費で来てもらう場合にはご祝儀を辞退するのが一般的です。

ポイント


根も葉もない言い方をすると、ご祝儀をいただかないゲスト=赤字になります。そのことを踏まえて、ご招待するかどうか、検討しましょう。

くれぐれも、挙式がきっかけで今後の関係性にヒビが入らないようにしたいものです!

また、パーティーをする場合も、人数によりお料理や飲み物の予算、会場によっては少人数用個室の使用料がかかる場合などがあります。
確定するのは当日が近づいてからでも大丈夫なので、おおよその人数は事前に把握しておきましょう。

式場の見学や相談に行った時にも、必ず聞かれます。

挙式の日取りを決め、挙式会場を探す

12~6ヶ月前
さて、ここが一番重要で時間がかかるところです。

日にちと会場さえ決まってしまえば、あとはその日へ向けて準備をしていくだけです!

とは言え、「沖縄のチャペル」と一口に言ってもたくさんあります!!

このサイトでは、会場探しのお手伝いが出来れば…と思って下見の見学レポートを載せていますので、良かったら参考になさってくださいね。

LINK沖縄の結婚式場ガイド - 沖縄リゾートウェディングガイド

日取りは、二人の都合はもちろんですが、ご両親やゲストを招待する場合は、みんなが来られる日を調整することも大事です。

また、二人の記念日など、「この日に挙式をしたい!」と言う強い希望がある場合は、早めに式場へ問い合わせを始めましょう。

日付に希望がある場合は、その日に空いている式場の中から候補を絞っていくことになります。

一般的に、リゾート婚の場合は、通常の結婚式よりも準備期間が短いと言われていて、半年ぐらい前から準備をしても間に合いますが、人気のシーズンは混み合いますので、お早めに!

仮押さえ~会場決定

12~5ヶ月前
会場によるのですが、無料で日取りの「仮押さえ」をしてくれる場合があります。

ただし、仮押さえの期限は一週間程度。

本格的に候補の日付を押さえておきたい場合は、「仮予約」または「本予約」として、内金の入金が必要です。

その際、「期限までにキャンセルすれば内金が全額返金になる」場合と、「内金はキャンセル料として返金無し」の場合があります。

これは会場によって異なります。

ポイント


後から「キャンセル料を取られるなんて知らなかった」という悲しい思いをしないよう、契約時に必ず確認しておきましょう!!

また、挙式の日取りによって、旅費も大きく変わってきます。

夏のトップシーズンや、3連休、ゴールデンウィークなど、みんなが来やすい日は旅費も高いということも日取りを決める際には重要な要素です。

関連記事

旅行の手配

挙式会場決定前後
会場に近い場所に宿泊したほうが便利なので、会場が決定した後に、旅行の手配を行います。

チャペルによってはホテルが併設の場合もありますし、ゲストハウス型の場合は、近隣のホテルで手配します。

旅行の手配も、挙式と合わせてウェディングプランナーさんが行ってくれる場合もあります。

予算に余裕がある場合はお願いしたほうが楽ですが、ご自身で手配をした方が安くなります。

「早割」などを利用して、飛行機やホテル、レンタカーをご自身で予約するのが一番安いですが、時間がとれない場合は、ツアーで予約をお願いしましょう。

その場合は、あまり安いツアー会社を使わず、大事な旅行なので信頼できる旅行会社の方が良いと思います。

挙式のオプション決定、ドレス選び

5~3ヶ月前
こちらも予算によりますが、挙式の基本プランに写真撮影のプランや、アルバムなどオプションを決めていきます。

また、人前式とキリスト教式が選べる場合は、挙式のスタイルの決定なども考えます。

会場によっては、どちらか一方しか無い場合や、スタイルを変える場合は追加料金がかかる場合もあります。

オプション類は、色々追加したくなって悩みがちです。式場に、最終決定の期限を確認しておきましょう。

事前にレンタルドレスが選べる場合や、ドレスを自分で購入する場合は早めに準備を進めましょう。

レンタルの場合は、自分好みのドレスを挙式の日に使用できるよう予約が必要ですし、レンタルでもサイズ調整をしてくれる場合もあります。

私はサイズオーダードレスを購入したのですが、3ヶ月前で「ギリギリですよ!」と言われたので、お早めに!

結婚指輪の準備

4~3ヶ月前
挙式に大事なアイテム「結婚指輪」も購入がまだの場合は、探し始めましょう。

結婚指輪は、裏側に刻印を入れてもらったり、サイズ調整をしてもらったりで、納期まで約2ヶ月は見ておいたほうが良いです。

デザインの変更やオーダーメイドの場合は、3ヶ月程度かかる場合もありますので、くれぐれも、挙式に間に合うように購入しましょう。

結婚指輪をお探しの際は、事前に来店予約をして行くと特典がつく場合もあるので、ぜひ利用してくださいね!



招待状の発送、出欠確認

2ヶ月前
人数が少ないリゾート婚の場合は、日取りを決める時に出欠を確認するので、省略される方も多いそうです。

私はせっかくなので、沖縄らしいデザインの招待状手作りキットを購入して、みんなに送りました。

沖縄での移動に慣れていないゲストもいると思いますので、きちんと会場の地図や時間などを事前にお知らせしておいた方が親切ですよね。

必要なアイテムの準備期間

会場決定後
手作りでウェルカムボードや席札、リングピローなどを用意すると、二人らしい挙式のイメージに近づきます♪

この辺りから準備を始めておきましょう。

早めに始めておくに越したことは無いですが、どうしてもギリギリになってしまいがちです!

直接持参する場合はギリギリでも大丈夫ですが、事前に宅配便などで現地に荷物を送る場合は、一週間ぐらい前を目安に発送出来るような心積もりで。

ブライダルエステ、シェービング、ネイル

当日までにすることは、挙式に必要なアイテムの準備と、新婦さんご自身を磨くこと(*^^*)

シェービングやネイルは、出来るだけ出発直前に行ったほうが良いので、早めに希望の日を予約しておきましょう。

特にジェルネイルが初めての方は、練習を兼ねて早めに1回行っておくと良いかも。

私は結婚式で初めてジェルネイルをしたので、「白の上にシルバーのラインを重ねてもあんまり見えないなぁ」とか「もう少し濃い色のストーンの方が良かったかなー」とか、練習しておけば良かったなぁと思います。

挙式の前日

挙式の前日に、現地入りする方が多いと思います。

現地に着いたら、新郎新婦はプランナーさんと前日の打ち合わせがあり、案外忙しいです。

他のゲストと行動を共にするのはなかなか難しいので、例えば夜に集合するとか、その日は自由に観光してもらうのか、なども事前に伝えておきましょう。

挙式当日

いよいよ、当日!

事前の準備にあれこれ時間がかかりますが、当日というのは本当にあっという間に過ぎてしまいます!

思い切り、楽しんでくださいね(*^^*)

挙式後日、引き出物や内祝いの手配

挙式後、1週間以内程度
沖縄での挙式では、その日のうちに引き出物を用意してしまうと、ゲストの荷物になってしまいます。

ご自身でもお土産を買う分、ただでさえ帰りは荷物が増えますし、特に重いものや、割れ物などは持ち帰りづらいですよね。

そのため、後日それぞれのご自宅にお送りすることが多いです。

ポイント


挙式の時に、夫のスピーチの中に「後日お気持ちのお返しをお送りする」という内容を盛り込むよう、プランナーさんからアドバイスがありました。

スピーチなどがない場合は、席札やテーブルにカードにメッセージを書いて置いておくなどの方法でお伝えしましょう。

「何も引き出物無いの…??」と思われてしまいますからね(^^;)

当日は、荷物にならない程度のプチギフトなどをテーブルに置いたり退場の際にお渡しして、後日引き出物をお送りしましょう。

あまり遅くならない方が良いので、ゲストの方が帰宅されてから一週間程度には届くよう、あらかじめ品物は検討しておいたほうが良いですね。

1.5次会や二次会を行う

挙式後、2ヶ月以内程度
行う方は、地元に戻ってからの1.5次会や2次会の準備を、挙式の準備と合わせて進めておく必要があります。

通常は、挙式の後、あまり間を空けずに開催することが多いので、なかなか並行して準備をするのは忙しいですよね…。

1.5次会や二次会の会場探しなどをサポートをしてくれる、プランナーさんのサービスもありますので、相談してみると便利だと思います。



-沖縄での結婚式準備

Copyright© 沖縄リゾートウェディングガイド , 2020 All Rights Reserved.